海外旅行に現金はいくら持って行くべき?


『 渡航先でお金に困らないように準備をしてみよう 』


初めての海外旅行だと わからないことも多いと思いますが、その中の一つに


渡航先には いくら持っていけばいいのか?


という悩みがあります。 ← 私

たくさんの現金を持ち歩くのも不安ですし、逆に少なすぎても お金が足りなくならないかと心配になります。

渡航先で問題なく現金を引き出せるのかといった疑問もありますよね。

せっかく海外に行くのなら、この辺りもきちんと把握しておくと旅先で困ることも少ないと思います。


そこで今回は、海外旅行に持って行くお金の金額と、安全なお金の管理の仕方についてまとめました。( 最終更新:2017年4月 )


海外旅行では、いくら現金を持っていけばいいの?


これは渡航先の物価や、あなたがどれくらい使うのかによって変わってきます。

まず、最低限必要となるのは、


  • 自宅から国際空港までの 交通費 や 食事代
  • 渡航先の空港からホテルまでの 交通費 と 食事代
  • 旅先で支払うであろうチップ


です。

これらは最低限 現金で準備しておきましょう。

もし、到着したホテルで宿泊費を現金で支払いたいのであれば、これも一緒に用意しておくようにします。

さらに、余裕を持たせるために 2 ~ 3 日分の交通費と食費も一緒に用意しておくと安心だと思います。


これらを渡航先の国の物価に合わせて換算して、いくらにするのかを決めるようにします。

たくさんのお金を現金で持ち歩くのは危険なので、


最低限のお金だけを持って行くようにする


のがポイントです。


これ以外に必要となるお金は、渡航先の ATM から毎回必要な分だけを引き出すようにします。


 し か し 、


初めての海外旅行だと現地の状況もわからないので、お金を下ろすのにも戸惑うかもしれません。

心配な方は緊急時にも備えて少し余分に現金を持って行くと安心だと思います。

たとえば、1 人 につき日本円で 2 万円 / 1 日 必要だと仮定すると、


3 万 ~ 4 万円分


は現地通貨に両替して現金で持って行くようにするわけです。


 た だ し 、


海外はヨーロッパなどの先進国を含めて スリ ・ ひったくり ・ 置き引き などの被害に遭うことも多いので、現金はできるだけ分散して持って行くことも大切です。

たとえば、4 万円分 の現地通貨を持って行く場合だと、


  • 財布に 2 万円
  • ポケットに 1 万円
  • パスポートケースに 1 万円


と分けて持ち歩くようにするとリスクを減らすことができます。

セキュリティポーチ のような便利なものもあるので、不安な方は用意しておくと良いかもしれません。




腰に巻くタイプは肌の上に直接装着しても違和感や不快感がないものも多いので、腰に直接巻いてその上から肌着を着るようにすると安心だと思います。その他の パスポートウォレット や マネークリップ なども一緒に組み合わせて使うようにすると、万が一のときも安心です。


また、安全に持ち運ぶ自信があっても、現金を たくさん持って行くと税金の面で損をしてしまうことがあります。

では、現金の持ち込みによる課税についても見てみましょう。


入国の際は現金にも課税されるの?


決まった金額を超えると課税されます。

出入国する際には税関審査をしますが、お酒 や タバコ と同じように以下のものにも課税されることがあるので注意しましょう。


  • 現金
  • 小切手
  • 約束手形
  • 有価証券
  • 社債


とは言っても、ある一定金額以上を超えた場合のみなので、合計額が それを超えなければ問題ありません。いくら以上だと課税されるのかを事前に確認しておきましょう。

ちなみに、日本から出国する場合は、100 万円 相当額の現金等を持出す際に申請が必要です。


旅行で大金を持ち歩いて使う人は少ないと思いますが、買い物やレジャーを楽しんでいるうちにお金が不足することもあります。

こんな時は どうしたらいいと思いますか?

では次に、この対策について見ていきましょう。


渡航先で お金が不足したらどうすればいいの?


渡航先が先進国であったり、多くの日本人観光客が訪れるところであれば、国際キャッシュカードなどを利用して現地の ATM から現金を引き出すことができます。( 参考:国際キャッシュカード )。カードの裏に、


PLUS (プラス)


とうロゴが付いていたら、同じロゴが付いている ATM で現地通貨を引き出せます。


ちなみに PLUS とは、銀行がオンラインシステムで繋がってることを意味します。

わかりやすく言うと、あなたの銀行 と ATM を設置している銀行はネットで繋がってますよという意味です。

これらのロゴがついている ATM であれば、国際キャッシュカードを使ってお金を引き出せるわけです。


それと、クレジットカードで現金を引き出す 「 キャッシング 」 といった方法もありますが、これは借金をしてお金を引き出す形になるので注意が必要です。

借金ですから、引き出したお金を返すまでの期間は金利がかかります。返すまで期間というのは、お金を引き出した日から、カード会社があなたの銀行口座からお金を引き落とす引落日までの期間ですね。

どれくらいの手数料がかかるのかというと、一般的に、


  • 利息 + ATM 手数料


の費用が必要となります。

たとえば、ATM からクレジットカードで 1 万円 を引き出すとしましょう。多くのクレジットカードのキャッシングの年利は 18 %です。これをもとに、ATM 手数料を 108 円 と仮定して計算すると、


  • 利息: (1 万円 x 18 %) / 12 ヶ月 = 150 円 (1ヶ月分)
  • ATM 手数料: 108 円
  • 合計: 258 円


となり、約 258 円 の手数料がかかる計算となります。10万円 を引き出した場合は、約 2,580 円 ですね。( ここでは利息を月単位で計算していますが、厳密には日数分で計算されます )


では次に、できるだけ手数料を抑えて渡航先での旅を楽しむにはどうしたらいいと思いますか?

次は、このことについて見ていきましょう。


手数料を節約して旅を楽しむには?


手数料を節約するポイントは以下の 3 つです。


  1. 出国時に窓口で両替する金額を少なくする
  2. 渡航先での支払いはクレジットカードを使う
  3. 現金は必要なときだけ渡航先の ATM から引き出す


つまり、できるだけ 現金を使わない(キャッシュレス決済を選ぶ)ようにする わけです。

なぜなら現金を使って支払いをするには、出入国時に両替手数料が取られたり、帰国時に硬貨は両替してもらえないなどの無駄が生じてしまうからです。もし、お店での支払いをクレジットカードで行ったら、その分費用も抑えられるはずです。

海外はカード社会の国が多いので、ショッピングやホテルでの支払いも クレジットカードで支払うのが一般的です。私も米国に 4 年間 住んでいましたが、ちょっとした買い物でも常にカードで払っていました。

これは旅行の際も同じで、こうした方が 現金を持ち歩くよりも安全 ですし、両替 や 引き落とし の際の手数料も節約 できます。

こうした点を踏まえると、現金の代わりにクレジットカードを使う方が手間もかからず快適に旅ができると思います。


 た だ し 、


海外でクレジットカードを利用すると、約 1.6 ~ 1.63 % の事務処理コストが別途必要になります。つまり、この分の手数料だけはレートに加算されて請求されるわけですね。


とは言っても、窓口で両替する際の手数料に比べるとずっと費用を抑えることができます。

たとえば、日本円を 米 100 ドル に両替する場合、窓口だと 1 ドル 両替するのに 2 ~ 3 円 の手数料がかかるので、200 円 ~ 300 円 の手数料が必要になります。

一方、100 ドル分 の買い物をクレジットカードですると、163 円 の手数料で済みます。この場合は現金を使わないので、帰国後に余った分を再び両替する必要もありません。つまり、その分の手数料も必要ないわけです。

なので、カード払いをした方が お得だと考えています。

特に、たくさん お金を使うかもしれないときは、クレジットカードで支払うようにすると節約できると思いますよ。


安心して使えるクレジットカードは?


海外旅行や出張の際はクレジットカードを使った方が節約できるということはわかっても、実際に外国で使うのは不安な人も多いと思います。

そんな時は、以下のような 信頼性やセキュリティの高いカード を選ぶようにすると良いかもしれません。




こちらは、大手銀行が発行しているということもあり信頼性も高く、セキュリティ面も充実しているのが特徴です。また、「 iD 」機能を搭載しているので Apple Pay でも使えます。年会費はかかりますが、充実したサポートが用意されているので、海外旅行の際は必ず用意しておきたいクレジットカードです。

たとえば、24 時間 365 日、不正利用がないかをチェック してくれるのはもちろんのこと、盗難や不正使用の被害に遭った際も届け日から 60 日前までさかのぼって、それ以降の 不正使用について補償 してくれるのも助かります。また、IC カードチップを搭載しているので偽造が困難ですし、カードの裏側には顔写真を付けることも可能 なので不正使用の抑制にもつながります。

さらに、24 時間・年中無休で対応してくれる 海外での日本語サポート( VJデスク ) も用意されています。カードの紛失や盗難に遭ったときの対応はもちろん、観光情報の提供や現地のレストラン・チケットの予約まで日本語で案内してくれるので、英語や渡航先の言語が苦手な人でも安心して旅を楽しむことができるようになるのは助かります。

VISA カードなので 世界 200 ヶ国以上の加盟店 で使えますし、明細もパソコンや携帯電話、スマートフォンなどからも確認できるので便利です。海外へ渡航する前に必ず準備しておきたい一枚ですね。上記の公式サイト内では複数のカードから選べるので、あなたの用途に合わせて選んでみましょう。迷われた際は、スタンダードの 「 クラシックカード/クラッシックカードA 」 がお勧めです。

海外へ渡航をする際にはクレジットカードを複数枚持って行った方が安心ですが、その一枚に加えておくと心強いと思います。

ちなみに、海外でインターネットを使いたいという方は、




でまとめましたので こちらを参考にしてください。


一方、ポイント年会費無料 といった面を重視してカードを選びたい方は、




でまとめましたので、こちらを参考にしてください。


海外旅行に持って行くお金の金額と、安全なお金の管理の仕方についてはこんな感じです。

簡単にポイントをまとめると、


  • 現金はできるだけ使わない(キャッシュレス決済を利用する)
  • 渡航先での支払いはクレジットカードで行う
  • 信頼できるクレジットカードを選ぶ
  • 現金を持ち歩く際は分散する


といった感じです。

せっかくの海外旅行なので、費用を節約しながら、安心で快適な旅になるよう工夫してみると良いかもしれません。

参考にしてください。



海外旅行&出張を快適にするコツ



パソコンを効率よく選ぶコツ


  1. 初心者のPC購入!選び方のポイントと注意点は?
  2. パソコンの種類と選び方は?
  3. OSの種類と選び方は?
  4. 各パソコンメーカーの特徴と選び方は?
  5. スペック構成を考えて賢く選んでみよう



スポンサーリンク