初心者のPC購入!東芝パソコンの特徴は?


『 国内屈指のシェア & 業界トップクラスの映像技術 』 ( 最終更新:2019年1月 )


東芝パソコンの特徴は?


1985年、東芝は現在のノートパソコンにあたるラップトップPC(T1100)という製品を発売して欧米市場で成功を収めることになるのですが、その後も小型化・省電力化を追求しつつ技術を蓄積していき、1989年には現在のブランド名である


dynabook( ダイナブック )


の名称を使用した製品を市場に投入します。ここから東芝 dynabook というブランドの歴史が始まるのですが、このパソコンは瞬く間に世界のパソコン市場を席巻し、1994年から2000年まで 7 年連続世界シェア 1 位を獲得するという快挙を成し遂げます。

世界のノートパソコン市場を牽引していた時代から 30 年という長きにわたり、薄型・軽量・省電力・堅牢性を追求しながら開発を続け、利用者の使いやすさを形にした結晶とも言えるのが、現在の dynabook ブランドです。

東芝は液晶テレビの「 REGZA 」を開発した企業でもあるのですが、映像の美しさはもちろん、高音質スピーカーも搭載しているパソコンを市場に投入しているので、映画や音楽などもこれひとつで楽しみたいというときには魅力的に感じると思います。デザインや使い勝手も良く、価格も日本メーカーの中では安価に購入できるのも嬉しいですね。

私も dynabook のノートパソコンを 1 台所有していますが、値段の割には性能もよく、高品質なのでとても快適に使えています。主に映画や音楽を楽しむために使っているのですが、スピーカーを別途購入する必要もなかったので、デスク上のスペースも節約できますし、ソファーやベッドにも気軽に持ち運んで楽しめるのは助かります。高性能のスピーカーが搭載されているノートパソコンを選びたいときは、dynabook は良い選択肢だと思います。


dynabook はラインナップが豊富なのでどれを選べばよいか迷ってしまうかもしれませんが、以下の 3 つに分けると自分に合ったパソコンを選びやすくなると思います。( 直販サイト: 東芝ダイレクト


  • スタンダードノートPC ( 据え置きに適したタイプ )
  • モバイルノートPC ( 持ち運びに適したタイプ )
  • 2in1 モバイルノートPC ( ノートPCとタブレットの両方で使える )


他のパソコンメーカーではシリーズ名が毎年同じなので 「 ○○シリーズ 」 といった分け方ができるのですが、dynabook の場合は名称が変わることがあるので、上記のような分け方をすると混乱しなくて済むと思います。

一つ目の スタンダードノートPC は、ノートパソコンとしては大きくて重量もありますし、バッテリーの消費も早いので、机などに据え置きで使うのがよいタイプの製品です。画面が大きいので仕事の際も作業しやすいですし、プライベートでは映画や動画などを鑑賞するのにも向いています。モバイルノートPCに比べると購入費用も抑えられますし、機能や性能などが充実しているのも助かりますね。DVD や Blu-ray などに対応した光学ドライブを搭載しているものも多いので、これらのメディアを使う際も困ることはありません。外に持ち運ぶことが少ないのであれば、こちらをを選ばれることをお勧めします。( 2018 年 10 月現在の名称はAZシリーズ です。 )

一方、外へ持ち出すことが多いのであれば、二つ目の モバイルノートPC を選ぶべきです。据え置きタイプのものと比べるとサイズも小さくなり、軽量化が図られているので持ち歩くのも苦になりません。堅牢性も確保されているので、ぶつけたり落としたりしても壊れにくい設計になっているので安心です。バッテリーの駆動時間も長いので、外出先で頻繁に充電を迫られる心配がないのも嬉しいですね。ただし、スタンダードノートPCに比べると画面が小さくなるので文字が読みにくかったり、キーボードの面積も狭くなるのでタイプしづらいなどの欠点もあります。そのため、外へ持ち出すことがないのであればスタンダードノートPCを選ばれるのが無難です。一方、持ち運ぶことが多いのであれば、こうしたデメリットがあったとしても軽量化や堅牢性が図られたこちらの製品を選ぶべきです。

なお 2018 年 10 月現在、モバイルノートPCは RZシリーズUZシリーズ の2種類が用意されています。

RZシリーズ は、光学ドライブを搭載した製品を選ぶことが可能で、USB や LAN はもちろん、RGB や HDMI なども接続できる仕様になっているので拡張性にも優れています。極力スタンダードノートPCと同じ感覚で使いたいという場合はこちらを選ばれるといいかもしれません。

一方、UZシリーズ は薄型・軽量・堅牢性を追求したモデルなので、RZシリーズに比べると拡張性はありません。インターネット接続も有線ではなく無線 LAN のみで接続できる仕様になっています。しかし、無駄がなくて、性能や機能も充実しており、機動性に優れているので、外出先で使用することが多いのであれば選択肢からは外せません。


四つ目の 2in1 モバイルノートPC に用意されている VZシリーズ は、UZシリーズ よりさもさらに機動性に優れたモデルです。ノートパソコンとタブレットの両方で使える仕様になっているので、飛行機や新幹線での移動の際にタブレットモードで利用すれば、旅先の観光情報や資料などもより快適に目を通すことができるようになります。宿に着いたら、パソコンモードで SNS やブログなどに写真や記事を掲載するといったことも可能になるので使い勝手が良いですね。そのぶん価格帯は上がりますが、さまざまな作業を効率的に行えるようになるので十分なメリットを享受できると思います。


上記のような分け方をすると、自分の使い方に合った製品を絞り込みやすいと思います。

なお、dynabook はラインナップが豊富なので機能や性能についてはあえて詳しく触れませんでしたが、直販サイト内では各製品についての詳しい説明を見ることができるので、そちらを参照してください。一つ例を挙げてみましょう。以下の直販サイトから適当にパソコンを選んで製品のページを開いてみてください。( 直販サイト: 東芝ダイレクト

たとえば、「 TOP > 画面を下へ移動 > 最新製品ラインアップのスタンダードノートPCを開く > 画面を下へ移動して興味のある製品を開く( 例:2018夏Webモデル Officeあり/16GBメモリ/1TB SSD など ) > 表示された画面を少し下へ移動 」と進んでいきます。

すると、小さな文字で「 おすすめポイント 」「 ハードウェア仕様 」「 ソフトウェア一覧 」「 インターフェース 」といった項目があるので、そちらを開いてみてください。各製品について以下のようなことを知ることができます。


  • おすすめポイント ( 機能や性能の詳細を知ることができる ← 要確認
  • ハードウェア仕様( 仕様の詳細を一覧で確認できる )
  • ソフトウェア一覧( 搭載ソフトウェアを一覧で確認できる )
  • インターフェース( 製品の前後左右の画像を見ることができる )


特に 「 おすすめポイント 」 の項目では、その製品がどのような仕様になっていて、何ができるのか、といったことがわかりやすく紹介されているので、あなたがその製品について理解することを手助けしてくれるはずです。同時に、dynabook がいかに細かいところまで考えて造り込まれたブランドなのかもわかるかと思います。機能や性能が充実しているのはもちろんのこと、利用者の使い勝手を徹底的に追求し、高品質で安心なPCづくりを実施していることが伝わってきますね。

これまでさまざまなメーカーの製品を見比べてきましたが、品質・価格・サポート・操作性などを総合的に勘案すると、パソコン初心者の方が費用を抑えて購入するのに適しているのは dynabook なのではないかと考えています。特に、安価なのに初心者にも配慮したサポートが用意されているのは魅力的だと思います。

実際に私は、2012 年に東芝のスタンダードノートPCを購入したのですが、大事に使ってきたということもあるのでしょうけど、2018 年 10 月現在も問題なく使えています。さすがノートパソコンの分野で世界を牽引してきた日本企業というだけのことはあり、品質は高いように思えます。

ただし、これまで使っていたパソコンが寿命を迎えて 2 台目を購入するといった場合は、パソコンにあらかじめインストールされている初心者向けのサポート用ソフトが煩わしく感じてしまうかもしれません。パソコンの扱い方に慣れてきて、問題が発生したときも自分で解決できるようになると、そうしたものが不要になるからです。また、バックグラウンドで動いているソフトがあれば、パソコンの動作にも影響を与えることもあります。つまり、動作が遅くなるということです。この場合は、不要なソフトをアンインストールして使うというのも一つの手だと思いますが、HP や DELL など余計なソフトが入っていないメーカーの製品を選ぶという方法もあるので、この辺りも考慮して選ぶようにすると良いかもしれません。より価格を抑えて購入することができます。( これについては後述します。 )


上記は個人向け製品についての内容ですが、法人向けパソコンも用意されているので、ビジネスパソコンを検討されている方は、こちらも一緒に確認されてみてください。個人向け製品と同様、「 スタンダードノートPC 」「 モバイルノートPC 」「 2in1 モバイルノートPC 」 の 3 つに分けると自分に合ったパソコンを選びやすくなると思います。( 直販サイト: 東芝ダイレクト

dynabook の製品は充実していて魅力的な商品が多いので、見ているだけでワクワクしてくるのを実感できるはずです。


【追記:2019年1月】
2018年6月、東芝のPC事業を行なう東芝クライアントソリューション株式会社がシャープに買収されるとの発表がありました。80.1%の株式をシャープが取得して子会社化するようです。株式の譲渡は2018年10月1日の完了が予定されています。なおシャープは、2016年に台湾企業の鴻海精密工業の傘下に入っています。鴻海精密工業は、電子機器を受託生産(EMS)する世界最大手の企業ですね。グループ内には鴻海科技集団(フォックスコン・テクノロジー・グループ)がありますが、このフォクスコンという会社は Apple や HP(ヒューレット・パッカード)、DELL などの大手メーカーに対して、マザーボードなどの各種パーツを供給したり、筐体の組み立てを行ったりしている企業なので、今後の展開も期待できそうですね。なお、東芝クライアントソリューション株式会社は、2019年1月に「Dynabook株式会社」に社名変更を行いましたが、dynabook の販売はこれまで通り東芝の直販サイトで行われるようです。

参考:東芝のPC事業、シャープ傘下で正式にスタート
参考:東芝PC事業は鴻海・シャープにとって「お買い得」だ
参考:「ダイナブック株式会社」誕生の可能性も? シャープ傘下での東芝PC事業の行方
参考:dynabookを展開するシャープの目論見
参考:東芝クライアントソリューションが「Dynabook株式会社」に社名変更
参考(社名変更後の製品):『dynabookに求められるもの』をカタチにした30周年記念モデル


dynabook PC の生産国は?


シャープに売却された後も、中国の杭州にある Dynabook 株式会社 ( 旧東芝クライアントソリューション ) の自社工場で製造が行われるようです。社名は、東芝情報機器杭州社 ( Toshiba Information Equipment Hangzhou:TIH )。dynabook の 開発・設計・製造 を行う総合拠点で、基板製造も自社で行っているようです。

ちなみにパソコンを購入する際に生産国を気にされる方もいるかもしれませんが、パソコンの場合は生産国で違いが出てくるとは言い切れないと思っています。

これは全てのメーカーに共通して言えることですが、パソコンで使われる部品は世界各国 ( 米国・日本・欧州・中国・台湾・東南アジア諸国など ) で製造されていて、各メーカーはそれらを組み立てて販売しているので、個人的には国内生産であろうと海外生産であろうと大差はないと考えています。

グローバル化により生産拠点の国際分散が進んだいま、製品の良し悪しを左右するのは生産国ではなく、メーカーがどのような品質基準に基づいて開発や設計を行っているのかという点なので、価格を抑えて購入されたいのであれば、生産国にこだわらない選び方をした方が納得のいく買い方ができると思います。詳しくは 『 各パソコンメーカーの特徴と選び方は? 』 を参照してください。


dynabook PC を選ぶ際のポイントは?


直販サイトで購入すると納得した買い方ができると思います。( ※ 東芝のPC部門はシャープに買収されましたが、これまで通り東芝の直販サイトで販売されます。 )

東芝の直販サイトでは、他のメーカーが行っている カスタマイズ注文 ( オーダーメイド注文 ) には対応していませんが、目移りして決めかねるほどラインナップが豊富なので、自分の使い方に合ったパソコンを選びやすいといったメリットがあります。

スペックと価格を見ていただけたらわかるかと思いますが、性能や機能が充実しているのにも関わらず比較的安価なものが多いです。他の日本メーカーで同等のスペックのものを購入しようとすると割高になってしまいますが、費用を抑えて手に入れられるのは dynabook の魅力でもあります。

最新の製品を安価に購入できるのはもちろんですが、直販サイト内にある


アウトレットコーナー


では、高スペックの製品を比較的安く購入することもできます。

こちらは品数に限りがあるようで、「 完売 」 や 「 在庫切れ 」 の状態のこともあります。なので、気に入ったものがあったら早めに購入しておくと良いかもしれません。


次は保証についてですが、直販サイトには 「 メーカー無償保証 (1年) 」 の他に以下の 2 種類が用意されています。


  • 東芝PC あんしん延長保証
  • 東芝PC プレミアム保証


一つ目の 「 東芝PC あんしん延長保証 」 は、通常のメーカー無償保証 ( 1年 ) にプラス 2 年または 4 年延長できるタイプのものですね。自然発生等による故障の修復をしてもらえます。

二つ目の 「 東芝PC プレミアム保証 」 は、「 東芝PC あんしん延長保証 」 に加え、メーカー無償保証では対象外となる 破損・液損・災害による損傷および盗難 にも対応したものです。

どちらも有償なので、必要に合わせて選んでみるといいかもしれません。


サポート面は、私が持っていたパソコンにトラブルが生じた際、実際に問い合わせたことがあるのですが、対応も丁寧ですし、特に問題に感じたことはありません。至って普通です。

大手メーカーの場合、企業によって用意されているサポートプランに細かな違いなどはありますが、基本的にサポート内容そのものに大差はないので、個人的にはサポートに関してはそれほど気にされる必要はないと思います。富士通やNECのように初心者向けのサポートにも力を入れていますし、便利なサポート用のソフトウェアも入っているので、初めてパソコンを使う人でも安心して利用できると思います。

また、実際に dynabook を使ってみたらわかると思いますが、低価格の割には品質も良いですし、音楽も映像も快適に楽しめるので満足度は高いと思います。4K 出力に対応したパソコンや、フルHD高輝度・広視野角の製品もあるので、画質を重視される際は選択肢から外せません。

以下に、東芝の 直販サイト を紹介します。




一つ目が、東芝の直販サイト です。サイト内に表示されている価格は割高ですが、「 会員になると最大 50 %プライスダウン 」 といった特典が用意されているので、会員登録をすることで安価に購入できると思います。サイト内では 「 会員になるとプライスダウン 」 といった文言で表示されていますね。( 割引後の価格は会員登録してからでないとわかりません。 )

ただ、値引き前の価格が高すぎるのではないか…と気になったので、2016年11月に某大手家電量販店に足を運び、東芝 dynabook で同等のスペックの価格を見てきました。

たぶん、割引後の価格とさほど変わらないだろうと思っていたのですが、実際に見てみると Core-i7 の PC で 20万前後の値札が付いていました。。。つまり、その家電量販店で購入したら、直販サイトで表示されている割引前の価格で購入することになります。直販サイトで会員特典を受けて購入することが、どれほどメリットが大きいかが理解できると思います。

この他の会員特典について知りたい方は、先ほど紹介した 東芝ダイレクト のサイトを開いて、画面上部に表示されている 「 ログイン 」 をクリックし、表示された画面を少し下へ移動すると 「 5つ の Point 」 が記載されているので、そこで確認できます。

なお、納期までの時間は、サイトで購入手続きをして入金の確認がされてから 10 営業日以内 に発送してくれます。


二つ目は、東芝公式直販サイトの楽天市場店 です。一つ目の直販サイトは人気があるせいなのか、完売や在庫切れになっていることも多いのですが、こうした時でも楽天市場店では買えることもあるので、こちらも一緒に確認されることをお勧めします。

ただし、楽天市場店で用意されている保証は メーカー保証1年 のみ のようなので注意しましょう。それと、一つ目の直販サイトでは見られないような非常に安価な製品も販売されていますが、性能の低い CPU などが搭載されていることも多い ので、この点にも注意して選ぶ必要があります。( CPUの種類と性能の違いは?

でも、日本企業の中では全体的に価格が安く設定されているメーカーなので、費用を抑えたいときは性能の低い製品を楽天の直販サイトから購入してもいいかもしれませんね。


dynabook のパソコンについてはこんな感じです。パソコンで動画や音楽などを鑑賞することが多い方や、日本メーカーのノートパソコンを安価に購入したいという方は必ず選択肢に入れておきたいブランドです。

なお、他の大手メーカーからも魅力的な製品が数多く出ているので、一緒に比較されると納得のいくパソコンを選びやすくなると思います。代表的な大手メーカーには以下のようなところがあります。




価格を重視して選びたいときは、dynabook と一緒に HPDELL を選ばれるようにするといいかもしれません。

HP は、世界トップクラスのシェアを誇る米国のパソコンメーカーです。他のメーカーに比べてデザイン性が優れているのに加え、低価格帯の PC から高性能 PC まで幅広く用意されているのが特徴です。さらに、米軍調達基準に適合した堅牢性の高いモバイルノート PC や、3D 製図などが行える超高性能パソコンなども安価に購入できます。国際宇宙ステーションへ納品するなどの実績を持った信頼性のあるメーカーという点も魅力ですね。初心者向けのサポートもオプションで用意されています。( ※ 詳しくは上記の記事を参照。 )

DELL も同様に米国企業で、HP に匹敵するほどの高い世界シェアを有した企業です。低価格帯の PC から、3D を使った製図やゲームなども行える高性能パソコンまで安価に購入できます。これまでは、DELL の PC といえばビジネスパソコンのような無骨な外観が印象的でしたが、近年はデザイン性の高いパソコンを市場に投入してきているので、洗練された印象の製品が目立つようになってきています。「 価格だけでなくデザインも重視したい 」 というときも、満足のいく製品を選べるはずです。


一方、映像 や 音 を重視してパソコンを選びたいときは、NEC富士通 の製品は外せません。両社共に映像の美しさはもちろん、高音質スピーカーも搭載している機種が用意されているので、映画 や 音楽 なども快適に楽しみたいのであれば一緒に検討されることをお勧めします。初心者にも配慮したサポート に力を入れている点も嬉しいですね。( ※ 詳しくは上記の記事を参照。 )


それと、働き方改革によりモバイルワークが進むこれからの時代に備えて、持ち運びに適した製品を選びたいときは、NECパナソニックVAIO は一緒に比較しておきたいところです。

NEC は、徹底的に軽量化が図られた世界最軽量モバイルPC を扱っています。ボディもスリムなので鞄の中でも場所を取りませんし、タブレットモードで使える製品であれば使い方は自由自在です。圧迫などを想定した加圧試験もクリアしていますし、長時間に耐えられるバッテリーも搭載しているので外出先でも安心して使えます。比較的安く購入できるのも助かりますね。

パナソニック は、軽量化と堅牢性を兼備した レッツノート シリーズを扱っています。満員電車の圧迫や振動を想定した加圧振動試験に加え、机からの落下を想定した落下試験など、頑丈な設計により厳しい試験をクリアした製品を世に送り出しています。長時間駆動バッテリーを搭載しているので、出先で安心して使えるのも魅力ですね。

VAIO も同様に、高品質のモバイルPC が用意されています。キーボードのノイズを低減して、心地よい打鍵音を実現した製品もあるので、新幹線や飛行機などの公共交通機関で利用することが多いのであれば、こうした点も考慮して選ばれると良いかもしれません。デザインも含め、VAIO は SONY の時代から他のメーカーとは異なる印象が強く、職人気質を感じる製品が多いように感じます。それが VAIO の魅力であり、ブランドの価値だと思います。


各大手メーカーは、自社の持てる技術を結集した製品を市場に投入してきていますから、魅力的な製品も多く、納得のいくPCを選びやすいと思います。この機会に各メーカーの特徴を把握して、あなたの目的に合った製品を探し出してみるといいかもしれません。参考にしてください。





パソコンを効率よく選ぶコツ


  1. 初心者のPC購入!選び方のポイントと注意点は?
  2. パソコン の種類と選び方は?
  3. OS の種類と選び方は?
  4. 各パソコン メーカー の特徴と選び方は?
  5. スペック構成を考えて、賢く選んでみよう

インターネット回線について理解してみよう





スポンサーリンク