PCの基本!高性能パソコンを安く買う方法は?


『 高性能パソコンを安く買ってみよう 』


ひとくちにパソコンと言っても、メーカーや機種によって特徴が異なります。

価格や性能も幅広く用意されているので、どのような目的で使うのかを考慮し、その目的に見合ったパソコンを選ばなければ納得したものを手に入れることはできません。

負荷のかかる処理でもサクサク行えるものを選ぶと、購入後もストレスなく快適に使えると思います。

でも、性能が上がるとその分価格も上がってしまいます。快適に使えるパソコンが欲しいけど手が届かない価格帯であれば、たとえ必要であっても性能を下げざるを得ません。これでは困ってしまいますね。


そこで、今回はこうした高性能パソコンを低価格で購入するにはどうしたらよいのかについてまとめます。( 最終更新:2017年1月 )


高性能パソコンを賢く安く買う方法は?


パソコンを購入する際にまず行うのが、


インターネットでの比較


だと思います。

ある程度比較して、そのあとに家電量販店で実物を見て、良さそうなら そこで買うか、あるいは家に帰ってインターネットで さらに価格の安いものを探すといった買い方をされると思います。

では、それぞれの買い方のポイントを詳しく見ていきましょう。


「店頭販売」と「インターネット販売」の違いは?


店頭で安く買うためには、セールの時期に購入する必要があります。セールの時期とは


決算期各メーカーがモデルチェンジをする時期


に行われるのが一般的なので、それに合わせて購入すると安価に購入できます。なので、もし実店舗で購入されたいのであれば、この時期まで待ってから購入するとお得に購入できます。

ただし、店頭に並んでいるパソコンの性能と機能をチェックして、それをもとにインターネットで価格を調べてみればわかると思いますが、


若干割高


なことが多いです。

しかも、家電量販店で売っているものはメーカー側で組み立てが完成したものを売っているので、購入の際に自分で機能や性能を変更することができません。

そのため、展示されている PC の スペック と 価格 を考慮しながら比較する必要があるのですが、安価なものを見てみると


CPU ・ メモリ ・ HDD の容量


などが低スペックであることがわかります。たとえば、


「 Intel Core i5 や i7 だから、きっと高性能に違いない 」


と思っても、Intel Core i5 や i7 にも いろいろと種類があるので、高性能のものもあれば、そうでないものもあります。どの水準のものが搭載されているのかがわからないと、「 お得に買えた! 」と思っても実際は割高だったりすることがあるわけです。

そのため、失敗したくないのであれば、パソコンのスペックについて基本的な知識を得てから、じっくりとインターネットで比較して絞り込んでいくのが一番だと思います。( スペック構成を考えて、賢く選んでみよう


では、インターネット販売でパソコンを買うのであれば、どこで買うのがいいと思いますか?

個人的には、各メーカーが自分たちで直接販売をしている


直販サイト


で購入すると、納得した性能のパソコンをより安く購入することができるので、こちらを選ばれると安心だと思います。

直販サイトでは、性能や機能をあなたの使い方に合わせて選ぶことができる


カスタマイズ注文


ができます。つまり、オリジナルのパソコンを注文することができるわけです。( もちろん、組み立てが完成したパソコンも売られています。 )

メーカーと消費者の間に余計な業者も入らないので価格を抑えられますし、注文時に不要な機能を省いたりすれば、家電量販店よりも安く買えたりもします。

カスタマイズ方法もクリックをして選んでいくだけなので、初めての方でも簡単に購入できるのも魅力ですね。

さらに、直販サイトでは高性能のパソコンを


台数限定のアウトレット価格


で販売していることもあるので、わざわざ決算時期やモデルチェンジの時期を待たずに安価に購入できるのも嬉しい点です。

もちろん、充実した 長期保証 を付けることもできますし、修理の際もメーカーとの間に販売店舗が入らないので対応も早いです。つまり、メーカーと直接やり取りができるので無駄がないわけですね。


このように直販サイトにはたくさんのメリットがあるので、インターネットで購入する際はこちらで買うのがベストだと思いますが、デメリットもあります。

たとえば、店頭販売であればお店で購入して持ち帰れば、その日のうちに使い始めることができますが、直販サイトから購入すると、手元に届くまで 1~2 週間待たなければなりません。そのため、今すぐに必要といった方には不向きです。

また、選択肢が豊富なのであまりパソコンに詳しくない方だと、どのメーカーの、どのパソコンを選べばいいのかが分からなくなるかもしれません。たくさんのパソコンが用意されているので、逆に選ぶのが大変になってしまうわけですね。

他にも各メーカーの直販サイトなどを一つひとつチェックしなければならないので、少し面倒に感じるかもしれません。一方、店頭販売であれば展示されている数が少ないので、限られた中から選びたいという方には向いていると思います。

でも、個人的には豊富な選択肢の中から選んだ方が、購入後も納得して使うことができると考えています。そこで、初めての方でも迷わないように、メーカー選びのポイントについて いくつか紹介します。


安いパソコンメーカーはどこ?


価格を重視されるのであれば、海外メーカー のものを選ぶのが一般的です。

日本メーカーのPCは、海外メーカーのものに比べると全体的に割高なので、必然的に選択肢からは外れてしまいます。ただし、近年は安価なモデルも出てきているので少し期待はしているのですが、Microsoft Office やサポートなどをオプションで付けると、やはり海外メーカーには勝てません。なので、価格を重視されるのであれば海外メーカーを選ばれるべきだと思います。

海外メーカーと一口に言ってもさまざまなメーカーが存在しますが、企業の信頼性や製品のラインナップなどを考慮すると以下のメーカーがお勧めです。負荷のかかる作業が行えるクリエイター向けのパソコンや、3D設計なども行えるプロ仕様のパソコン、3Dゲームなどが行えるゲーミングPCなども用意されています。




一つ目の DELL は、米国企業で世界シェアもトップクラス、ラインナップも豊富で、低スペック機からプロ仕様の高性能機種まで幅広く用意されているのが特徴です。( DELLパソコンの特徴は?

二つ目の HP( Hewlett Packard ) も米国企業ですが、こちらは東京生産にこだわりを持っているメーカーです。デザイン性も高く、ラインナップも豊富で、プロフェッショナルが使用するような高い処理能力と安定した動作環境を可能にした ワークステーション( Workstation ) と呼ばれる製品も比較的安く購入できます。なお、HP の ZBook Workstation は、国際宇宙ステーションでも使用されている信頼性の高い製品です。( ※ HPは中国工場でも生産を行っています。詳しくはHPパソコンの特徴は?の記事を参照。 )


各メーカーの直販サイトではキャンペーンを行っていたり、高性能・高機能パソコンをアウトレットで販売していることもあるので、タイミングが合えばより安く買えることもあります。

もちろん、日本メーカーの直販サイトでも同様のキャンペーンなどが行われていることもあるので、タイミングが合えば高性能のものを安く購入することも可能です。各メーカーの特徴を把握してから選ぶようにすると、あなたに合ったパソコンを絞り込みやすくなると思います。詳しくは、先ほど紹介した 『 各パソコンメーカーの特徴と選び方は? 』 の記事を参考にしてください。

店頭販売 と メーカー直販サイト の違いを理解すると、パソコンの見方も変わってくるので賢く楽しく選べると思います。また、一口にパソコンと言っても いろいろなメーカーがあり、その特徴も異なるので比較してみると面白いと思いますよ。さらに詳しく知りたい方は各記事を読んでみてください。

高性能 PC を安く買う方法についてはこんな感じです。参考にしてください。



パソコンを効率よく選ぶコツ


  1. 初心者のPC購入!選び方のポイントと注意点は?
  2. パソコン の種類と選び方は?
  3. OS の種類と選び方は?
  4. 各パソコン メーカー の特徴と選び方は?
  5. スペック構成を考えて、賢く選んでみよう

インターネット回線について理解してみよう





スポンサーリンク